2015年9月26日 (土)

行ってきました

もう4度めかなぁ?

ジェフベックのライヴ。
いや〜最高でした!
でも立ち見はおじさんには辛いsweat01

| | コメント (0)

2015年9月24日 (木)

懐かしい顔ぶれ

小さなライヴはちょこちょこやっているんだけれど、去る15日に本八幡のB-fratというライヴハウスでトランペットの藤井さんのバンドのライヴに参加してきました。

Ysb 藤井さんとやるのは何年か前の美歌さんのジョイントライヴ以来。

メンバーはスケジュールがあいている人がやるので(笑)毎回変わるんだけど、サックスの岡田さんはいつもいるかな。

私もレギュラーメンバーではないのでトラみたいなもの。

リハーサルは1回だけっていう、所謂プロならではのやり方。

ただ、藤井さんのバンドは管楽器だけのリハーサルとリズム隊のためのリズム隊リハーサルってのがちゃんとある。

今回はドラムが美歌さんのバンドで一緒の野呂さん、キーボードが紫吹淳さんでご一緒して以来の長い付き合いの堤さん、もう30年以上の付き合い。

ベースがタイムファイブでご一緒していた大本さん。20年ぶりくらいの再会。大御所の方です。今回ご一緒できて一番嬉しかった方です。

ヴォーカルは江上さん。ヴォーカルも毎回変わります。

テナーサックスの丸山さんは初めて。アルトのオカヤンこと岡田さんとトランペットの藤井さんは20代前半からの付き合い。

トロンボーンは急遽トラで、宝塚でご一緒したことがある吉池さん。

当日も別なリハーサルがあったので殆ど初見で演奏しなければならなかったいう状況の中で素晴らしい演奏をしていただきました。

このライヴハウス、スタジオミュージシャンのトランペッターがオーナーってことで、何曲か参加して頂くことに。

それも驚きですが、そのオーナーの奥様が宝塚の指揮者の御崎さん(旧姓)ってのがもっと驚きで、お客様で聴きにきていらしていて、私も久しぶりの再会。

宝塚では何度かお世話になりました。結婚する前は何度も飲みにいったことがあるし(笑)。

場所が本八幡ってマイナーな場所でしたけれど、満員御礼。ありがたいことです。

4管でやるのは楽しい。

| | コメント (0)

2015年9月 5日 (土)

それは突然やってくる

先月、音楽学校の同期と再会を果たしたというのに、同じ月の28日にやはり同期のピアニスト橋本麻里子さんが亡くなられた。

現役でミュージシャンを続けている数少ない同期の一人だった。

学生の頃は彼女はジャズピアノ専攻で副科がクラシックピアノ。

私はジャズギター専攻でクラシックピアノが副科。同じ楽器をやるのはズルいと思ってピアノにしたものの、二つの楽器を練習するのは大変だった。

後々ピアノは弾くことがなくなったし、どうせならクラシックギターでも習っとけば良かったと思ったけれど、学生時代ならではの経験だからそれでいいのだ。

麻里ちゃんはジャズピアノは寺下誠さんに習っていて、彼女のレッスン中に乱入してセッションをしたこともあった。

というか、寺下さんがレッスン室の外にいた私は見つけて「一緒にやろう!」と声をかけてくれたのだ。

今時は考えられないことかもしれないけれど、そんなことが許された良い時代だった。

卒業後は活動の場が違うので一緒になったことはない。

25年程前に新宿歌舞伎町でばったり会ったことがあったけれど、それが直接会った最後かもしれない。

Facebookでは繋がっていたのでお互いの活動は把握していたはず。亡くなられたことを知ったのもFacebookだった。

くも膜下出血で突然のことだったらしい。私と同い年。

いつか一緒に演奏できればと思っていたばかりに残念でなりません。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2015年8月13日 (木)

懐かしい〜

去る82日、吉祥寺のライヴハウスSometimeへ行ってきました。

音楽学校時代の同期の凱旋ライヴってことで、久々に吉祥寺へ。

友達はベーシストの愛川篤人(あいかわあつんど)さん。ニューヨーク在住。

学校を卒業してすぐにニューヨークへ行ってしまったから、会うのは32年ぶり。

今時はFacebookがあるのでお互いの活動はリアルタイムで知ることができるんだけど、直接会うとやっぱり懐かしい。

Sometime 奥様はピアニストの愛川由香さん。

国立音楽大学出身で、彼女の恩師や先輩の国府弘子さんもお客さんで来ていた様です。

ライヴは遅くまでやっていたので奥様にはご挨拶できなかったのですが、篤人さんとは話ができて良かった良かった。

お互い一目見てすぐに分かったところが凄い。ってかそんなものなのかもしれない。

Atundo で、私と20代前半からの仕事仲間のドラマーの辻田健太郎さんを誘ってライヴへ行ってきたんだけど、彼もまたニューヨークで活動をしていたことがあって、その時お世話になったのが篤人さんなのだ。

それもまた20年程前のこと。

20年ぶりと30年ぶりの再会。なかなか凄いことでしょ!

| | コメント (0)

2015年5月 9日 (土)

久々の休み

今やっているヅカの『黒豹の如く』は10日まで公演しているけれど、私は1日にお先に千秋楽。

最近歳をとったと思うのは、爪の伸びが遅い、乾燥して割れやすくなったってことだ。

今回の演目は指弾きが多かったので爪のケアが大事。

公演中に割れたり欠けたりしたら演奏に支障が出るので、なんとかそれは阻止しなければならない。

以前はマニキュアを塗ったりトップコートを塗ったりしていたけれど、爪が弦にあたるとき違和感を感じるし音も違ってしまうので、何か良い方法はないものかと思っていた。

で、最近は付け爪用の接着剤をあらかじめ塗っておくってのが一番良いってとこに行き着いた。

ただ、問題は除光液で落すことができない。

なので塗る範囲は必要最小限にしている。

1日に仕事が終わったのでその接着剤をヤスリで落としたんだけれど、そのあと早速爪が欠けてしまった。

ま、暫く指弾きの仕事の予定がないのでいいのだけれど、次はジェルネイルに挑戦してみようと思う。

問題はお洒落でする訳ではないので、かわいくならずに他人から見ても変態オヤジに見えない様にしなければならない。(笑)

そんな訳で、GWは世間並みにお休み。

今年もまた館山に住んでいる友達の家に遊びに行ってきた。

もう何度も行っているので観光してないところも少なく、連れて行ってくれる友達も頭を悩ませているだろうけれど、私も下調べなどする訳もなく(笑)付いていくだけ。

今回は崖観音ってとこに行ってみたけれど、残念ながら改修工事で見ることができず、工事が終わるのが2016年の6月予定。ってことは来年のGWに来てもまだ見れないってことだ。

Tanada しょうがないので千枚田っていう棚田があるところに移動。

位置的には鴨川の山のほう。

私は知らなかったけれど、それなりに有名らしい。

Kakashi 最近は自然に接していなかったので、こういうところに来ると心が洗われる様だ。住んでいる人にとっては当たり前の風景だろうけれど、日常と違う世界ってのはいいもんだ。

私も田舎育ちだけれど、いつの間にか忘れていまっているものが沢山あるんだろう。

田んぼにいるオタマジャクシやアメンボを見ただけで子どもの頃を思い出す。

ま、そんな感傷に浸るのも一瞬で明るいうちから呑み始める普通のオヤジでありました。

| | コメント (1)

2015年4月10日 (金)

雪降る4月

Zuka 3月の後半から久しぶりにヅカの仕事をしています。

今回は先輩ギタリストの千葉さんのトラ。

千葉さんと言えば、私が二十歳の駆け出しの頃かた知っている方。

当時は阿川泰子さんのバンドにいらっしゃいました。

その後いろんな現場で活動しているのは知っていましたが、直接トラを頼まれたのは今回が初めて。

以前、仕事でブズーキっていう民族楽器をやらなくてはいけなくて、その楽器を貸していただいたのが千葉さんでした。

彼はアイヌ音楽の第一人者で、東京芸術大学で講師をする程の方ですが、この度改めて芸大を受験し見事合格。

今年から芸大生になったのであります。

博士号を獲得するのが目的の様です。

50歳を過ぎてからの学生生活。素晴らしいです!

ま、欽ちゃんが74歳で大学生になったから上には上がいるんですけど・・・

で、今回のヅカの仕事は全ての楽器機材を千葉さんからお借りするので、私が持っていくものといえばギターのピックだけ(笑)。

演目的にスパニッシュなものが多いので殆どが指弾き。

ピックの出番も少ないので、いっそのことピックもお借りしても良かったのですが、さすがにそれはパンツを借りる様なものだから遠慮しときました。coldsweats01

今回のマエストロは四季で20年近くやっていた上垣さん。ヅカは2度目で私とは初めて。

私と歳も近く素晴らしい指揮者です。

次はエリザベートは振るそうですが、作曲者のリーバイさんから頼まれたそうです。

これまた素晴らしい!

| | コメント (0)

2015年2月 5日 (木)

遅くなりましたが

もう2月ですが、明けましておめでとうございます。

Mika2 Mika 来週のバレンタインデーの前日の13日は美歌さんのライヴ。

てな訳で先日そのリハーサルがあったんだけれど、久々に遅刻をしてしまいました。

リハの日取りはだいたい2~3ヶ月前に決まるのが普通で、それをi Phoneのスケジュールに入力しておくのだけれど、どこでどう間違えたか日にちを間違えて入力してしまったらしいcoldsweats02

いや~焦りましたsweat01

演出の修平さんから電話がきて「今、運転中ですか?」

私:「いえ、家にいますけど?」

修平さん:「今日リハですよ、もう始まってます」

私:「ゲ!マジですか!!」

今回のライヴはベテランの小林洋さんや金城寛文さんとご一緒。

ピアノの小林洋さんは30年前に私の師匠と一緒にやっていた、私にとっては特別な存在の方。そんな方と初共演なのに遅刻をしてしまうとは・・・crying

ま、やってしまったものはしょうがない。平謝りをして、あとはひらきなおって、亡くなった師匠の思い出話などをして事なきを得た感じ。

因にジャズシンガーの小林桂 は小林洋さんの息子さんです。

| | コメント (0)

2014年12月30日 (火)

ついに腱鞘炎か!?

朝起きたら右手の親指が痛い。

ついに腱鞘炎になってしまったか?

いや、最近かみさんが腱鞘炎になったんだけど、痛む場所が違う。

整骨院の先生からも話を伺ったけれど、どうやら違うようだ。

ふと考えると前の晩にイカの塩辛を作ったのを思い出した。

先週、酔っぱらった勢いで帰りにスーパーからスルメイカを買って帰って深夜から(ってか朝だけど)塩辛を作った。

これが実に旨くできたもんだから、調子にのって今回は2杯のイカを塩辛にしたんだけれど、慣れない皮むきをしたのが親指の痛みの原因のようだ。

イカをさばくのなんて、そんなに難しくないんだろうけれど、私は1年に1回くらいしかやらないし、泥酔状態でやったもんだからだいぶ苦戦したんだろうな。

Shiokara その塩辛の写真

塩辛は好きなんだけど、市販されているものは余計な調味料が沢山入っていて私は好きじゃない。

私の作るのは塩漬けにしたワタに日本酒だけ。入れてもせいぜいミリンを少し入れるくらい。

これが最高に旨い。

因にイカって生きている時は○匹と数えるけれど、水揚げされると○杯と数える。干したものは○枚。

日本語って難しい。

| | コメント (0)

2014年12月11日 (木)

今日だった

今日明日(11,12日)は美歌さんのクリスマスライヴ2Day's。

この時期は毎年クリスマス・コンサートやらライヴがあるわけだけれど、クリスマス=仕事なのでプライベートで楽しい思いはしたことがないと思う。

ま、楽しませるのが仕事なので、こっちも楽しんでやるわけだけれど、1年のうちでこの時期にしかやらない曲をやる訳で、ほぼ初見で譜面にかじりついて演奏することになるので楽しんでいただいているのか確認するのは難しい。(笑)

特に美歌さんのやるクリスマス・ソングはアレンジが難しい。

堺ちゃんのアレンジがまたコードが細かくてテンションバリバリ。

初見でやるにはちと辛い。

一応リハは1回だけやったけれど、基本ジャズなので本番はまた違ったできになることでしょう。(笑)

渋谷のJZブラットでやります。本日は終演後にトークショーもある様です。私はさっさと帰りますが。

今更ですが宜しかったらいらしてください。Mika

| | コメント (0)

2014年12月 1日 (月)

地元でライヴ

10数年の付き合いの飲み友が念願のライヴのできる飲み屋を作ってしまった。

長年サラリーマンをやっていたが、独立して起業。

ついでに店まで出してしまったという訳だ。

趣味でギターをやっていたんだけれど、もっと自分で好きな時に好きなことをやりたいって訳で、店を作ったんだけれど、ライヴハウスではなくあくまで居酒屋。でもちゃんとステージもあってライヴができるお店なのだ。

で、彼のやっている「ちえ&ともカンパニー」っていうユニットに去年くらいから私も参加していて、さっそくそのお店でライヴをやってきた。

Chietomo 以前も紹介したかもしれないけれど、曲は上々颱風(しゃんしゃんたいふーん)のリーダーの紅龍さん作ったオリジナルを中心に70年代くらいのロックの曲をやる。

Chietomo2 今回はゲストに上々颱風のヴォーカルの西川郷子さんも一曲歌ってもらい、ちょっと上々颱風色が濃くなったかも知れない。

まぁ私は上々颱風の曲はジブリで使った曲くらいしか知らないので、いつも通りやるだけ。

このライヴ居酒屋は最近フナッシーで有名になった船橋の船橋駅のすぐ傍にあるバディーズっていうお店です。

オーナーである友達が言うには店名のバディーズはブルースギタリストのバディ・ガイからとったらしい。

彼は大のブルースファンなのだ。

10月にオープンしたばかりなので出演バンドもまだ少なく、出演者募集中とのこと。

ライヴハウスではなく気軽にライヴのできる居酒屋なのでチャージやノルマを気にせずアマチュアの人たちもどんどん出演して欲しいとのことです。

| | コメント (0)

«さかもとまあや