2009年11月23日 (月)

ジーンズ選び

知人にジーンズのアウトレットショップで働く女性がいる。

で、彼女に頼んでLeeのジーンズを買うことに。
社割りで売ってくれたので有難いんだけど、それでも6,700円。 タグには13,000円と書いてある。
これがお買い得なのかどうか私には分からない。

ものを見ないで(履きもしないで)彼女の好みで選んでもらったのでモンクは言えない。(^^;)
もう一本欲しかったんだけど同じものはないのがこの手のジーンズ。
で、スリムを注文。
こっちは15,000円が6,300円。

値引率が全然違うのがなぜか分からない。???

因みに売ってくれたジーンズはアウトレット商品ではなくちゃんとした正規品。
そう思うと得なんだろうか?

一年中ジーンズを履いている私にとっては普段着でもあるし他所行きでもある。(笑)なので何本あっても損はないのだ。

先月SEIYUでジーンズが880円って噂を聞いてさっそく買いに行ったんだけど、私に合うサイズがない。
ジャスコ系列でも1,000円を切る値段で売っているけれどやっぱり私に合うサイズがないのだ。

いっそのことレディースかキッズものにしようかと本気で思っている。(笑)
キッズ商品だったら大きめのを探せば私にぴったりのがある。意外に安いし。
でも40過ぎのオヤジがキッズ売場で試着する勇気はない。(爆)

最近はジーンズのことをデニムと呼ぶ人が多いけれど、私は相変わらずGパンと呼ぶ。(取り敢えずジーンズと書いたけれど)
戦後日本ではそう呼ばれてきて私もそれで育ったんだからGパンでいいのだ!
太陽にほえろの松田優作もジーパンだからかっこよかったのだ。ジーンズじゃしっくりこない。(笑)
Gパンって言い方も間違いではあるけれど、デニムってのは素材のことなのでデニム=ジーンズではない。なのでイマドキの人たちも間違った言い方をしているのだ。


| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

ハンチャは温かい

寒くなってきたので『半纏(はんてん)』を買った。(最近じゃないけど)

子供の頃から冬の必需品。
昔は親が作ってくれたけどイマドキは「買うもの」になっている。
私が上京する時にも婆ちゃんが作ってくれたのを思い出す。(もう無いけど)
※私の田舎では半纏のことを「ハンチャ」と言う。

で、去年まで使っていたのが破れてしまったので新しいのに買い替えた。買ったところは『ファッションセンター○まむら』。

ファッションセンター○まむらは家の近所にあるんだけど、ここで衣類を買ったことはなかった。

別にブランドにこだわる私じゃないけど、安いものはやはりデザインも安っぽいので買う気にはならない。
でも下着やタオルなんかだったら気にならない。
半纏もどうせ部屋着だし温かければなんでもいい。
と思っていたんだけど、やっぱりデザインも気になるし着こごち(肌触り)も気になる。(^^;)
ま、とは言っても3000円くらいしかしないから値段は気にせず高いものを選んだ。

この『ファッションセンター○まむら』、業界の人に聞いたんだけど、独自の営業方針がある。

各店舗とも衣類は(下着は除く)同じデザインのものを置かないってやり方だ。
ユニクロが同じデザインで色違いのものを沢山出しているのとは対照的と言っていい。

○まむらはどうしても「安もの」のイメージがある。
例え普段着とはいえ、家の近所を歩いていて同じ服を着た人と遭遇してしまうと気まずいのかも知れない。
まして「○まむら」の安ものとなると尚更だ。

で、そんなことが起こらない様に同じものを置かない様にしている。店側も自分たちが安もののイメージがあることを認めているってことだ。

どうも「安もの」と言うとイメージが良くないけれど、○まむらの商品はそれなりに品が良いらしい。
専門家じゃないから分からないけど「安かろう悪かろう」って訳じゃないみたいだ。

ま、この手の店をうまく使い分けるのが賢い主婦なんだろうな。

| | コメント (0)